装着変身 仮面ライダーキバ バッシャーフォーム レビュー
2008年5月発売
■発売元:バンダイ
■価格:2,310円(税込)
■フィギュアサイズ:全高約15センチ


装着変身・仮面ライダーキバシリーズの第3弾は、エメラルドグリーンとブラッディレッドのコントラストが歳末商戦を思い起こさせる斬新なバッシャーフォーム!!

マーマン族(半漁人)のバッシャーの力により射撃戦に特化した形態で、周囲にアクアフィールドを形成し、得意の水中戦に引きずり込んで戦います。

彫像モードとセイバーモード、両形態のバッシャー変身体が付属しています。






■ FRONT & REAR


■ BUST UP


【スタイリングについて】
キバフォームからの変更点は、胸部、右肩、右腕、右脚(膝から下)が新規造形、また、全身にイメージカラーであるエメラルドグリーンがあしらわれています。

ピラニアのウロコやヒレなどを想起させる胸から右肩に至る造形は、モールドなどかなり細かく作り込んであり、よい仕上がりに思います。

また、あまり目立ちませんが、肩は3色のグリーンで塗り分けられており、ただのバリエーションで終わらせたくないとの思いがあったかどうかは知る由もありませんが、そんな意気込みが伝わってきます。

これまでのキバシリーズ同様、造形、塗装とも全体的に高いクォリティで、充分及第点を付けられるレベルに思います。



■ バッシャー・彫像モード&マグナムモード




彫像モード、マグナムモードと2タイプのプロップが付属。
彫像では後ろで組んだ手まで可愛らしく再現されておりビックリ。





ディテールはガルル同様、秀逸な出来映え!
マグナムモードのフィンは回転します。


■ キバットバットIII世


キバットの目はグリーンに変更。
フエッスルホルダーはキバフォーム、ガルルフォームと同じものです。


■ 素体 FRONT & REAR


とりあえず素体。 なんとなく艶かしいですね。



【可動について】
新規造形である右腕、胸についても、基本的にはガルルフォームと同構造なので、取り立てて記述するべき点は見当たりません。

よろしければ、装着変身 仮面ライダーキバ キバフォーム レビュー装着変身 仮面ライダーキバ ガルルフォーム レビュー と併せてご参照ください。



【POSE】





















【パーツ一覧】


胸部アーマー/肩アーマー(×2)/バッシャーマグナム/バッシャー彫像モード/キバットバットIII世/フエッスルホルダー(×2)/オプションハンド(×4セット)



【評】
キバフォーム、ガルルフォームと同様に、造形、可動とも優秀で高いクォリティを実現しています。

アクションフィギュアとして一つの完成型といって差し支えないかと思われます。

ただ、ギミックなど遊びに、何かも一つ提案が欲しいように思います。

装着変身の「装着」という要素が形骸化してしまった今、出来が良いだけになお更それを感じます。




TOP > 仮面ライダー系アクションフィギュア レビュー