ワンダーフェスティバル2008[夏]レポート
燃え系アクションフィギュア限定画像集




一端のテンバイヤーになるため

当初、気合を入れて自動車で、早朝に出発するつもりでいたのですが、
持病のダラダラ病が発症しまして、結局、キバを観てから電車で出掛けることに。(大笑)

ところが、家に帰ってから知ったのですが、

首都高で炎上があったり、会場エスカレーターで事故があったりしたそうで・・。
予定通りなら、遭遇してもおかしくはありませんでした。

ありがとう、守護霊様。





●海洋堂





まずは、もうすぐ発売予定の リボルテック No.059 ARX-8 レーバテイン
なんといっても巨大なデモリッション・ガンが目を引きます。






装備も豊富で、箱も規格外のボリューム!!
ただ、実物はド迫力というよりは、精巧な印象でした。








次は9月発売予定のリボルテック/No.061 プロテクトギア
弾薬ベルトを筆頭に、武器のディテールが実に緻密です。

早く動かしてみたい!!








映画化で波に乗るグレンラガンからは No.058 フルドリライズ形態
No.060 エンキ、さらにNo.064 エンキドゥに、No.066 エンキドゥドゥまで!

バリエーションとしては至れり尽くせりの布陣ですが、
ぼちぼち他のガンメンやらグラパールなんかも欲しいですなあ。






そして天元突破グレンラガン!!
指をツンザく、うれしい造形です!

この先イクとこまでいってしまうのでしょうか。





新機軸のリボルテック 北斗の拳REVOLUTIONからは新作が多数展示。









上からジャギ様、シン&トキ、ラオウ。
シンの顔が穏やか過ぎるっていうか、堤真一さんに見えます。






やっぱりレイにはこのような華麗な舞が似合います!!
切り刻まれる雑魚キャラとして、牙一族が付属するそうです。






左から南斗五車星・雲のジュウザ、元斗皇拳のファルコ、南斗鳳凰拳のサウザー。
シュウ、撮り損ねました。(血涙)


同じく撮り損ねましたが、ストリートファイターシリーズも始まるとのことで、
いよいよ肉体格闘系が本格化するのでしょうか?

こうなればfigmaでも男塾とか刃牙とかやって欲しいですね。

「よくうごく、ゴツイ」とか。




そして、ついに始動アッセンブルボーグ!!!






やめろぅ、ジョッカー





こんなところにまで融合体が・・。









アッセンブルボ〜〜グ、アッセンブルボ〜〜グ
アッセンブルボ〜〜グ、アッセンブルボ〜〜グ、アッセンブルボ〜〜グ、アッセンブルボ〜〜グ
ちきゅうをま〜も〜れ〜!


いつになるのか、とか、ポシャッたとの噂もあったアッセンブルボーグ。
ようやく年末から始動とのことです。

初期ミクロマンフリークとしては待ってましたのアイテム!!

やっぱ、ブレストがついてなきゃネ!






いやあ、どれもカッコいいなあ。

期待してます!!




●タカラトミー


特に目新しい展示はありませんでした。

ひょっとしたらオルタニティ の試作かなんかが見られるかと思っていたので、
ちょっと拍子抜け。













限定ゾイドは、私が着いたときには既に完売でした。
テンバイヤーへの道は遠い。(笑)





●やまと






夢は時間を裏切らない
もうじき発売の群雄【鋼】ダンガードAです。

サテライザーはアニメや当時の超合金などの記憶に比べると、もっさりと塊感のある印象。
戦闘機というよりは重爆撃機ですね。







バブルガムクライシスからは、ナイトセイバーズ残りの二人が登場!!

個人的にはリンナのファンだったので、買うならコレに決めてましたね。
テッカテカのフェアリングが素敵!









群雄【動】 はバルディオス、ダンクーガ、グラヴィオンなどの展示がありました。

ゴーショーグンもそう思いましたが、バルディオスとかって、
本編でアクションしている印象がいまいち薄くて、
フル可動を謳うのってのはどうかって感じなんですよね。

今後のセレクトに期待です。




●メガハウス






アクションワークスからブラスレイター、ジョセフと在りし日のフレンツェンさん。
下がジョセフの強化体・バーサーカーモデルです。





ガルムは未彩色の見本が展示。
ちゃんと延期されずに発売されるのか心許なくなってきました。

期待していたアマンダ&パラディンとか、ヘルマン&666とかはナシ。
この先も、応援してますよ!!






10月発売予定のヴァリアブルアクション NG戦士ラムネ&40 キングスカッシャー
まさか、こんなところでお目にかかるとは。








限定販売のブラックモスピーダ。
余裕で買えましたが、モスピーダ、あまり当たらなかったのですかねえ。

何事にもヤリ時があるということでしょうか。




●ビーグル






で、ビーグルのモスピーダですが、とりあえず見た感じはよくできています。

スティックの目つきがちょっと陰険ですが。

モスピーダは、「バラシて、調整して、また組み立てて着せる」
という煩雑な変形機構が、特に馴染みのない世代から敬遠されているのではないか
と思うのですが、この大きさだとある程度解消できるかもしれません。

というより24,000円という価格は、欲しくても買えるかが微妙。




●WAVE




メガゾーン23より1/32プラスチックモデルキット
プロトガーランドとGR-2ガーランド

プロポーション的には今までの立体物の中でもベストのように思います。







キスダムよりノンスケールのコクピットアーマー レジンキャストキット
アニメ本編がアレだったのでどっかへ行ってしまった感じですが、カッコいいなあ!!

もちろんヴァイパーやドルフィン込みで、いつかアクションフィギュア化して欲しいです。




●アート・ストーム




EX合金よりブロッカー軍団マシンブラスターの面々
全高20cmくらいと、ダイキャストになると結構迫力があるのではないでしょうか。




同じくEX合金よりロボ師の柔王丸
9〜10月ごろの発売予定が延期されたようですが、出来は最高に思います!



●ボークス




展示はいろいろあったのですが、この「天元突破グレンラガン」だけ。

キットですが、今回の展示の中でもっとも強烈なインパクトがありましたので最後に掲載させていただきます。





え〜、長々とお付き合いいただきありがとうございました。

本来はガレキの見本市なので、アクションフィギュアファンの観点から特にまとめる必要もないのですが、映画化もあり、やはりグレンラガン関連に勢いがありましたね。

エヴァやガンダム関連はほとんど目だたず、ちょっと寂しい気も。
(まあ、ガンダムは畑違いなのかもしれませんが)

その一方、新進のキャラや作品はあまり取り上げられていない印象も受けました。

一極集中は社会的な風潮でもあり、出展者の方も商業ベース志向なので仕方のない面はありますが、もっともっと、力のある未知の造形と出逢えるような催しになるとよいですね。


ところで、個人的な注目はもちろんアッセンブルボーグです!!
今までのリボルテックがこのための前哨戦であったと思えるくらいの展開を期待しております!









▲通販まとめ買いに便利な 新製品発売カレンダー

アクションフィギュア情報サイト ポーズ&ギミック トップページ




モビルスーツインデックス (ガンダムフィギュア レビュー集)

トランスフォーマー レビュー 

仮面ライダーのアクションフィギュア レビュー(装着変身等) 

海洋堂 リボルテック レビュー

アニメ系アクションフィギュア レビュー


※只今、スパム対策のため、各エントリーへのTBとコメントの受付を休止しております。
  ご意見、ご要望は掲示板か直接メールにて賜りますので、よろしくお願いしたします。